血圧を管理して閉塞性動脈硬化症になる前に血圧下げる

血圧が高い状態を放置しておくと動脈硬化が起こってきます。動脈硬化が起きるのは全身の血管におきます。そして様々な病気の原因となるのです。脳に血液を届けている頚動脈や脳動脈の動脈硬化では脳梗塞がおきます。心臓や冠動脈の動脈硬化では心筋梗塞や狭心症になります。胸部と腹部を繋いでいる大動脈分枝での動脈硬化は腎血管高血圧症などがおきます。そして、足への動脈に動脈硬化が進んで血流障害を起こすのが閉塞性動脈硬化症なのです。最初は閉塞性動脈硬化症には症状はありません。それがだんだんと動脈硬化が進んでいくと、痛みがでてくるのです。そして、最悪の場合には足の切断ということになってしまいます。動脈硬化は本当に生きていくのに最も大切な体の部分を駄目にしてしまう原因となるのです。血圧の測定を頻繁に行って自分の平常の血圧の数値を知っておくことが大切です。高血圧と判断された場合には血圧下げる薬がとても多くでています。中には血圧下げる薬を飲むことをためらってします人もいますが、もし副作用が心配だということでしたら、現在の血圧下げる薬は開発が進んでいて、副作用はあまり認められないのです。それよりも閉塞性動脈硬化症などの重大な病気にならないように血圧の改善をしておくことが大切です。高血圧症にも閉塞性動脈硬化症にも同じことが言えるのですが、日常生活の習慣を見直すことです。タバコは絶対いけません。食事は動物性脂肪の多いものは避けてカロリーをひかえる、運動は無理をしないで続けていけるものをする、ストレスはどの病気にも大敵になります。なるべく、休養をとり、十分な睡眠をとることがおすすめです。自分でできることはたゆまずしていく事が大事なことです。