血圧が高い原因は?効果が実感できる方法は?

血圧は年齢とともに上昇していく傾向にあります。
高血圧になりやすいのは、両親や祖父母が患者だった人や、味の濃い食べ物を好む人、その他ストレスや睡眠不足、肥満など様々な要因があるとされています。
ところで血圧の数値を確認する時は、ほとんどの人が上の数値に注目しがちです。
もちろん上の数値も大事なのですが、下が高いのも問題です。
ちなみに下(拡張期圧)は、50~90mmHgが正常とされ、90mmHg以上になると高血圧と診断されます。
そもそも下が高いというのは、次に動脈に送り出す血液を心臓に蓄えている時に、血管内壁が受ける圧力が高い事を意味しています。
原因は血管内壁にコレステロールや中性脂肪が付着する動脈硬化で起こると考えられており、昔から上が高いより下が高い方が良くないと言われています。そのため下の数値が高い事がわかれば、すぐに改善させるために努力しなければいけません。
数値を下げるには、まず生活習慣を見直します。睡眠不足やストレス、肥満などで血圧が上がりやすくなるので、食生活を改善したり、適度な運動、そして夜はしっかりと眠る事です。
またにんじんジュースが効果が高いと言われています。
にんじんにはたくさんのカリウムが含まれており、体内の余分な塩分を体外へ排出して、血圧を下げる働きをしてくれます。にんじん以外ではりんごやセロリも効果があるとされており、これらをジューサーに入れてジュースで飲むのが、一番栄養を摂取しやすく、効果が期待出来ます。
もちろん塩分を控える事も大事で、いつも食べ過ぎてしまう人も要注意です。
肉中心から野菜中心のメニューに切り替え、良く噛む事を意識して過食を抑える事で、徐々に効果も現れてきます。